厚岸視察~②大黒毛蟹

こんにちは、佐々木です。

先日の厚岸(あっけし)町視察の

大きな目的の一つ《大黒毛蟹》。

厚岸湾入り口に浮かぶ

【大黒(だいこく)島】。

この大黒島から命名された

それはそれは特別な、

特別な中でも特別な特産品に、

《大黒毛蟹》や《大黒さんま》がある。

目と鼻の先にある、大黒島と小島から

地元では、《前浜=新鮮な》

という意味で大切に使われている。

※右が大黒島。左は小島。

寒いこの時期に行われる毛蟹漁。

漁師さんは

「身がしまるこの時期の蟹が一番うめぇ。

ミソもこの時期が一番だっ!」と自慢げ。

蟹籠で大切に捕った毛蟹を

この日は9隻の船が水揚げ。

元気に動いているたくさんの毛蟹で

浜は活気づいていました。

※荷揚風景。

そんな前浜の新鮮な毛蟹の中でも

一際目を引く、【超巨大毛蟹】。

それが・・・《大黒毛蟹》です。

・活目で1㎏を超え

・色味が良く(濃い赤。黒い朱もいました)

・身入りがバッチリ(堅蟹です)

などの選別条件をクリアした毛蟹のみに

与えられるチャンピオンの称号。

荷揚も、籠には入れられず、

漁師さん本人の素手で、大切に活水槽へ

運ばれていました。

さらにさらに、厚岸魚組の競り場では

日光による鮮度落ちを防ぐため

ドアが閉められた競り場に、

さらに遮光テントを設置し

全ての毛蟹を守っています。

さすが厚岸。

良いものを良いままに提供する取り組みが

すべての特産品を超特産品にしていくのを

改めて感じ取る事が出来ました。

奇跡の自然環境と、

そこに育まれた生き物たち。

それをただただ大切にする人。

いつ来ても良い土地だなあと

つくづく感心する・・・。

※愛冠(あいかっぷ)岬から見る大黒島。

湾の入り口東端のすぐ先にポッカリと浮かぶ。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

キューズ・ボックス(株)

北海道札幌市白石区

中央3条2丁目1-45

 代表 佐々木 裕

TEL:011-824-5676

© 2014 Q's box 

Created by Climate